宇宙最強の陸戦部隊「ローゼンリッター連隊」とは?【銀河英雄伝説】

銀河英雄伝説
銀河英雄伝説

こんにちは、銀英伝大好き中年の“しんや”です。

今回は旧作アニメ(OVA版)をベースに同盟軍最強の陸戦部隊「ローゼンリッター連隊」(薔薇の騎士連隊)について、詳しく解説していきたいと思います。

銀河英雄伝説に登場するローゼンリッター連隊が強くてかっこいいのだけど、メンバーのことや歴史、強さの秘訣を知りたい!!

こんなふうに思っているあなたにローゼンリッター連隊の全てを解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、あなたも入隊してしまうかもしれませんね(笑)。

▶ 筆者の情報

この記事を書いている私は銀河英雄伝説の大ファンです。

小学生の時に銀河英雄伝説を見て以来、ファンとなりました。

戦艦同士の戦いや登場人物の生き様に興奮しただけでなく、歴史や組織運営の仕方など私の人生の指針になっているアニメです。

特にリメイク版「銀河英雄伝説 die neue these」が始まってからは気持ちが再燃し、amazon prime videoを通じて、旧作アニメを再度見返しました。

Amazon Prime Videoでローゼンリッターの活躍を観る!

何度見てもいい!名作とはそうゆうものですね。

スポンサーリンク

同盟軍陸戦部隊「ローゼンリッター」連隊(薔薇の騎士連隊)

帝国からの亡命者の子弟で構成されるローゼンリッター連隊は、同盟軍最強の陸戦部隊として、宇宙に名を轟かしている。

ローゼンリッターという名前を聞くだけで敵が撤退してしまうほどの強さを誇る部隊である。

そんなローゼンリッターについて、まずはみていきましょう。

ローゼンリッター連隊の概要

ローゼンリッター連隊は冒頭で紹介したように帝国からの亡命者の子弟によって構成されている同盟軍の陸戦部隊です。

その強さときたら群を抜いており、戦闘能力は1個連隊で1個師団に匹敵すると言われるほどの強さです。

一方で歴代の隊長12名のうち、6名が帝国に逆亡命していることから、同盟軍での評判はあまり良くない。

素行があまり良くないのも、その理由にあがる。

ローゼンリッターが結成された理由は、政治的な理由(帝国軍の亡命者が同盟軍として戦っているという政治宣伝)である。

そんなローゼンリッターであるが、イゼルローン要塞攻略のため、ヤン艦隊へ所属し、以後ヤン艦隊の陸戦部隊として大いに活躍する。

最後は皇帝ラインハルトの旗艦ブリュンヒルトの中で、ユリアンの盾となり、華々しく散っていく。(帝国に生まれながら、民主主義存続のために一番貢献した部隊と言える)

ローゼンリッター連隊の隊章(エンブレム)

薔薇をあしらった隊章がカッコイイですね。買おうかな(笑)

ローゼンリッター連隊の強さ

さて、ローゼンリッターの強さについて、少し解説していきましょう。

まずは「戦闘能力は1個連隊で1個師団に匹敵する」ということですが、旧日本軍の編成を基に考えると、1個連隊はだいたい1,500名~2500名、1個師団は20,000名程度あるとすれば、一人当たりの戦闘力が1人で10人に匹敵することになります。

強すぎます。

さらに連隊長クラスの強さは化け物です。

シェーンコップとリンツは歩いて会話しながら、敵兵を次々倒していました(笑)。

作中の描写でも一般兵相手ではトマホークで10人くらいは一気に倒していましたね。

スポンサーリンク

ローゼンリッター連隊のメンバー

ワルター・フォン・シェーンコップ

第13第連隊長。

ローゼンリッターの強さの象徴とされる人物。

銀河英雄伝説の作中において、同盟軍ヤン艦隊の幹部として中心的な存在となる。

戦闘能力は化け物クラスであり、女性にも手が早く常に女性と一夜を共にしている。

強い色男。(最強だな。)

ヤン艦隊に所属し、陸戦隊長として辣腕をふるい、イゼルローン奪取後は要塞防御指揮官となる。

なんといっても、イゼルローン要塞を制圧するという多大な戦果を挙げており、軍議クーデターが起こった時は凡庸な指揮官なら一週間はかかると言われた惑星シャンプールのクーデターを3日で鎮圧している。

たびたびヤンを独裁者にしようとけしかける悪い(?)奴。

特にバーミリオン星域会戦では、ブリュンヒルトを撃てと強い口調でヤンに言った。

最期はシヴァ星域会戦で皇帝ラインハルトの旗艦ブリュンヒルトに突入し、一瞬の油断の隙をつかれ、戦死する。

クロイチェル伍長は娘。ユリアンの恋人。

カスパー・リンツ(唯一の生き残り)

シェーンコップが将官に出世した後にローゼンリッター連隊の第14代連隊長に就任した。

いつもシェーンコップの傍らにいるシェーンコップの右腕的存在。

おそらくシェーンコップには劣るが戦闘能力は高い。

数々の死線をシェーンコップとともに乗り越えてきた歴戦の勇者。

シヴァ星域会戦で死を覚悟したが、敵兵に囲まれた時に停戦の連絡が入り、生き残った唯一のローゼンリッターのメンバー。

ライナー・ブルームハルト

バーミリオン星域会戦後にリンツが動くシャーウッドの森に参加したため、連隊長代理となった。

リンツとともに、いつもシェーンコップの傍らにいるシェーンコップの右腕的存在。

当然、戦闘能力も高く、イゼルローン要塞攻略の潜入部隊にも参加する。

シェーンコップと正反対で、超奥手であり、おそらく童貞。結婚する人としかそういうことはしないという古風な考えを持っている。

戦闘面では狼なのだが。。。

回廊の戦い後の和平調停に向かう宇宙船の中で、地球教徒の残党に襲われ、ヤン提督を守って殉職する。

カール・フォン・デア・デッケン

外伝「千億の星、千億の光」のみに登場するローゼンリッター連隊の隊員。

戦闘能力は高く、シェーンコップ、リンツ、ブルームハルトと4人で薔薇の騎士の最強カルテットと呼ばれていた。

ヴァンフリート4=2の地上戦において、帝国に逆亡命した前連隊長のリューネブルグと相対して、殺されてしまう。

ローゼンリッターのメンバーは素行が荒い人物が多いが、彼の性格は温和で紳士的に食事をするという特異な存在でもあった。

ヘルマン・フォン・リューネブルク

外伝「千億の星、千億の光」のみに登場するローゼンリッター連隊の前連隊長(第11代連隊長)。

帝国に逆亡命したローゼンリッターの第11第連隊長で、シェーンコップ達の上司だった人物。

戦闘能力は高く、若いころのシェーンコップですら、歯が立たなかった。指揮官としても評価は高く、共に作戦を遂行したラインハルトも人としては嫌いだが、手腕は評価していた。

帝国軍に逆亡命したことで、隊員達からは裏切者として嫌悪されている。

帝国軍に逆亡命後は陸戦部隊の准将として、グリンメルスハウゼン艦隊に所属しており、ヴァンフリート4=2の地上戦でローゼンリッター連隊を相対する。

デアデッケンを打ち取り、前線基地を制圧する戦果を挙げるが、続く第6次イゼルローン要塞攻防戦において、ローゼンリッター連隊の度重なる挑発を受け、戦場にひきづりだされて、シェーンコップに打ち取られた。

オットー・フランク・フォン・ヴァーンシャッフェ

帝国に逆亡命したリューネブルグに代わり第12第連隊長に就任した。

連隊長になる前はそれなりに人望もあったようだが、連隊長になってからは軍上層部には卑屈、部下には尊大とあまり評判が良くない人物。

シェーンコップが優れていたせいか、反対に凡庸な指揮官に見えてしまっている。

⋙ 銀河英雄伝説の外伝・劇場版に関する記事はこちら。

リューネブルグとシェーンコップの一騎打ちを観る!

※シェーンコップが隊長となったローゼンリッターと元隊長で帝国に逆亡命したリューネブルグの戦いが描かれる銀河英雄伝説・外伝「千億の星、千億の光」。ぜひ、観ておきましょう!

スポンサーリンク

亡命癖のあるローゼンリッター連隊の歴代隊長達

ローゼンリッター連隊の隊長達は亡命癖があるようで、冒頭でも話した通り、12名の歴代隊長のうち、6名が帝国に逆亡命しています。

リューネブルグもその一人です。

一度亡命すると、亡命のハードルが下がるためか、同盟軍への帰属意識が低いために状況をみて自身の都合が良いタイミングで亡命するという流れ者のような生き方をしているのでしょうかね。

ブルームハルトを15代連隊長として、再整理すると、「歴代隊長15名のうち、6名は帝国軍との戦闘で死亡、2名は将官に昇進した後退役、1名は生き残り隊が解散。あとの6名は同盟を裏切り帝国へ逆亡命した。」

スポンサーリンク

ローゼンリッター連隊の戦歴

ヴァン・フリート4=2の地上戦及び第6次イゼルローン要塞攻防戦

ヴァン・フリート4=2同盟軍後方基地に駐屯していたローゼンリッターがラインハルト・リューネブルクの所属するグリンメルスハウゼン艦隊の襲来を受け、戦闘になった戦い。

かつての連隊長リューネブルクにより、デア・デッケンを失い、基地も陥落してします。

その復習戦として、第6次イゼルローン要塞では強襲揚陸艦で帝国軍の戦艦に突入しては制圧し、リューネブルグを無線を使って挑発するという行為を繰り返し、リューネブルグを戦場にひきづりだした挙句、一騎打ちで倒した。

イゼルローン要塞の制圧(2回)

ローゼンリッター連隊の最大の功績と言っていいのが、2度に渡るイゼルローン要塞の攻略です。

1回目は、帝国軍に扮したシェーンコップ、リンツ、ブルームハルトが要塞に入り、重要な軍事機密があると強引に指令室へいき司令官を人質にして占拠した。

人類史上初めてイゼルローン要塞を失陥させた部隊となる。

2回目は同盟が消滅して、独立艦隊となったヤン艦隊がイゼルローン要塞をルッツ提督から再奪取した時に、またもや占拠のために戦い、占拠した。

同盟地方反乱の迅速な制圧

帝国軍が内乱に入るのに合わせてラインハルトが引き起こした同盟のクーデターの鎮圧のために出動したヤン艦隊。

途中に地方反乱のあった惑星シャンプール、カッファー、ネプティス、パルメレンドを電撃的に短期間のうちに鎮圧してみせた。

⋙ マンガ王国で藤崎版「銀河英雄伝説」が読めます!シェーンコップの凄さがリアルに表現されてます!

要塞対要塞でのイゼルローン防衛

ガイエスブルグ移動要塞として、イゼルローン要塞の前に現れた要塞同士の決戦。

ヤン不在の中、突入してきた帝国軍陸戦部隊を返り討ちにしている。

このとき、ローゼンリッターの名前だけで帝国軍を撤退させている。

ロイエンタールとの一騎打ち

イゼルローン要塞攻防戦において、ヤンの旗艦ヒューベリオンを囮にして、ロイエンタールの旗艦トリスタンを突出させ、その隙に強襲揚陸艦で奇襲をかけた。

シェーンコップとロイエンタールの一騎打ちをするところまで、ロイエンタールを追い詰めたが、ロイエンタールも強く互角で戦闘は終了した。

ヤン救出作戦

同盟降伏後、退役したヤンを殺そうとした帝国軍と同盟政府の動きを察知して、アッテンボローと組んでローゼンリッターが救出作戦を展開した。

このときもローゼンリッターの名前だけで敵を引かせている。

シヴァ星域会戦

ヤンの死後、ユリアンの指揮のもと行われた物語最後の戦い。

民主主義を認めさせるには直談判するしかないと考えたユリアンが、決死の覚悟で旗艦ブリュンヒルトに突入した。

ローゼンリッターはユリアンを皇帝ラインハルトのもとに行かせるべく盾となり、帝国軍を抑え切った。

この戦いで、シェーンコップは戦死。ローゼンリッターはほとんどの隊員が戦死した。

華々しい最後である。

スポンサーリンク

まとめ

今回は銀河英雄伝説に登場するローゼンリッター連隊(薔薇の騎士連隊)について、少し詳しく解説してみました。

同盟軍最強の陸戦部隊であり、ヤン艦隊に所属後はイゼルローン要塞の攻略など数々の戦果を挙げてきた部隊でした。

歴代隊長達も個性豊かで強く、カッコイイ人たちばかりですね。

またその雄姿を見たくなりました。

 

※銀河英雄伝説のリメイク版が出ているのをご存知ですか?

⋙ 銀河英雄伝説のリメイク版に関する解説と感想を書いています。

※旧作(石黒版)の銀河英雄伝説をまた観たくなったのではないですか?

Amazon Prime Videoでローゼンリッターの活躍を観る!

※銀河英雄伝説のマンガのリメイク版(藤崎版)を観ると、ローゼンリッターの活躍がより詳細に描かれていて、良いと思います!

⋙ マンガ王国で藤崎版「銀河英雄伝説」が読めます!シェーンコップの凄さがリアルに表現されてます!

 

< 以上 >

コメント

タイトルとURLをコピーしました