【マグフォーマー】図形・展開図の感覚が簡単に実践的に学べるおもちゃ

マグフォーマー(magformers)
マグフォーマー(magformers)

こんにちわ、es-nakamura(@NakamuraEs)です。

【この記事を書いた人】

  • 長男(4歳)・次男(2歳)を育てる40歳エンジニア。
  • 長男が2歳の時に「マグフォーマー」を購入。
  • 私が苦手だった図形や展開図が簡単に学べるのでは?と期待をしている。

我が家で購入したおもちゃの中で、これは買ってよかったなと思うのが、「マグフォーマー」です。

あなたは、中学校の数学の図形の問題は得意でしたか?

私はとても苦手でした。そう、展開図です。

「この展開図はどんな図形の展開図でしょうか?」

代表的な分かりやすいものは暗記しているので、正解できるのですが、少し変化させられるとさっぱりです(笑)。

しかし、我が子はこういったことはないでしょう。

なぜなら、「マグフォーマー」で図形や展開図に慣れ親しんでいるからです。

図形・展開図を簡単にまなぶことができ、遊んでも面白い、そして長く遊んでくれるおもちゃ「マグフォーマー」を今回紹介したいと思います。

【この記事を読んで欲しい人】

  • おもちゃを買おうと思っているが、どうせなら将来役立つ知育玩具を買いたいと思っているご両親
  • 子供に数学的センス(図形・展開図・立体)を持たせたいと思っているご両親
スポンサーリンク

「マグフォーマー」はどんなおもちゃ?

「マグフォーマー」基本情報

  • 「あそぶことは生きること」をキャッチフレーズに知育玩具や育児用品etc.を製作・販売する日本の玩具会社「ボーネルンド」が販売しているおもちゃ。
  • カラフルで半透明な材質を使い、三角形・四角形の図形を磁石で組み合わせて、車や恐竜など様々な立体的な形を作ることができる玩具。

「マグフォーマー」の魅力

ボーネルンドが示している「マグフォーマー」の魅力は、以下のようになります。(ボーネルンド公式H.P.「マグフォーマーの魅力」より抜粋)

  • 想像したものを作れる喜びを感じられる。
  • 作ったもので遊べる楽しさも感じられる。
  • 磁石だから、力がなくても簡単に組み立てられる。
  • ひらめきのスピードに合わせて繋げられる。

これらの体験を通じて、数学的センスを養うことが可能であると言っています。

これらの特徴・魅力は私も間違いないと思います。

「マグフォーマー」の商品ラインナップ

これが「マグフォーマー」の商品ラインナップが豊富なんですわ。

とりあえず列挙しておきますが、詳しくは【ボーネルンド公式H.P.「マグフォーマーの魅力」】を見てみて下さい。

【ベーシックシリーズ】

1 ベーシックセット 14ピース 2,970円
2 ベーシックセット 30ピース 7,260円
3 ベーシックセット 62ピース 13,200円
4 ディスカバリーBOX 71ピース 17,050円

【クリエイティブシリーズ】

1 乗り物セット 16ピース 4,290円
2 ダイナソーセット 40ピース 8,580円
3 クリエイティブセット 90ピース 19,800円

【イマジネーションシリーズ】

1 ポリス&レスキューセット 26ピース 4,950円
2 ファンシールームセット 33ピース 4,950円
3 プレイルームセット 33ピース 4,950円
4 シティ・ビルダーセット 50ピース 8,800円

我が家は「クリエイティブシリーズ」の「乗り物セット(16ピース)」を購入しています。

スポンサーリンク

「マグフォーマー」のメリット

図形・展開図・立体感覚が簡単に身につく!

なんといってもこれです。

遊びながら簡単に図形・立体感覚が養われるところです。

我が家の購入した「乗り物セット(16ピース)」は、正方形・三角形の構成部品と車が作れるように車輪付きの部品がついています。

初めはこのマグフォーマーで作る車がカッコよくて、子供も喜ぶだろうなと思って買いましたが、買ってみると説明書に展開図の制作例も載っていて、最初はこれで遊ぶことが多かったです。

展開図のように部品を並べて、そこから直方体や三角錐を次々と作って遊んでいました。

しばらく遊んでいると、子供は覚えてしまって、展開図の状態で「この図形ができるよ!」と私に教えてくれるレベルになっていました。

少々、驚きました(笑)。

このように遊びながら、図形の基礎を学べるのが、このおもちゃの一番の醍醐味です。

磁石の感覚も身につく

この「マグフォーマー」は磁石で接合していくタイプですので、磁石についても興味を持つようになると思います。

少々、取り扱いが面倒ですが、ある程度の年齢になれば、磁石がなぜくっつくのかなど興味を持つようになるでしょう。

オシャレでカッコいい

我が家が購入を決めた理由の一つに、オシャレでカッコいいデザインもその一つです。

普通に車を作ったらカッコいいよなと私は思いました。

収納に困ると思ったら、車を組み上げて飾っておけば、それはそれで成り立ってしまうようなスタイリッシュなデザインです。

追加パーツで複雑な形状もできる

レゴと同じように追加パーツを購入すれば、どんどんいろいろな形状を無尽蔵に作っていけます。

創造力が育まれるのではないかと思います。

スポンサーリンク

マグフォーマーのデメリット

取り扱いが難しい

磁石であるので、くみ上げている最中に崩れてしまい、変な所にくっついたりします。

大人である私でも少しイライラしてしまうので、子供ならなおさら、上手くいかないと泣いてしまいます。

特に車を組み立てるのは少し高度なテクが必要になるため、少し成長してからの方が良いと思います。

我が家も初めのうちは車は作らずに説明書に載っている展開図や模様に合わせて遊ばせていました。

車を作るのはもう少し成長してからですね。

高価

高いですよね。マグフォーマー(笑)。

なかなか庶民が気軽に買える値段ではないですよね。

誕生日やクリスマスといった特別な時に購入を検討したらいいと思います。

スポンサーリンク

「マグフォーマー」の我が家での遊び方

「マグフォーマー」と使って、我が家ではどんな遊び方をしているかを紹介しておきます。

かっこいい車を作れると思って、子供と遊び始めたのですが、磁石でくっつけるので不安定で子供には難しかったので、まずは図形遊びから始めました。

(2歳頃)磁石でくっつけてがちゃがちゃ遊ぶ・並べて遊ぶ

「マグフォーマー」を購入すると遊び方のシートが豊富にあります。

それに合わせて、いろいろな形を作って遊びました。

磁石がくっついたり、離れたりする感覚が楽しいようで、ガチャガチャして楽しんでいました!

専用のシートを使えば、「ロケット」や「カニ」の形を作るのも良いと思います。

しばらく遊んでいると、自分で好きな形に遊ぶようになると思います。

これは「三角形だよー」「四角形だよー」と声を掛けながら遊ぶと知育的な要素が出てきますね!

 

こんな風に専用シートが入っているので、これに並べて遊ぶと子供でもできますよ。

マグフォーマー(図形)

専用シートにそって並べてみると、こんな感じになります。

シートからずらせば、「ロケット」の完成!

途中で磁石がくっつく感覚もあり、子供は楽しいと思います。

他にもたくさんのシートがありますよ!

マグフォーマー(図形)2

(3歳頃)展開図から立体を作ってみる。

「マグフォーマー」の取り扱いに慣れてくると、展開図から立体を作ってみると良いと思います。

展開図も専用シートを用意してくれているので、それに並べれば、簡単にできます。

最初は補助がいると思いますが、そのうち展開図を見ただけで、どんな立体ができるか分かるようになってきます。

子供はすごいです!

同じく専用シートに展開図がありますので、これを使って展開図からの立体を作ってみましょう。

マグフォーマー(展開図)

専用シートにマグフォーマーの四角形を並べるとこんな感じ。

マグフォーマー(展開図)2

そして、直方体へほいっと!

ここは親が手伝わなくても、子供だけでもできると思います。

マグフォーマー(立体)

(4歳頃)車を作ってみる。

いよいよ車を作ってみたら良いと思います。

けっこうたくさんの種類が作れるのですよ!18種類ありますかね。

マグフォーマー(車)

ちなみに、この「マグフォーマー」は大人である私が作ってみても、難しい部分があります。

親と子供が一緒に製作するようにした方がいいと思います。

上手くいかずに泣き出して、もうやめる!と言い出しかねませんので、ご注意ください。

たくさんの種類を作ることができるので、一緒にたくさん作ってみてください。

車を作ったら、ブーブーごっこして遊びましょう。

ただし、あまり激しい遊び方をするとすぐに崩壊しますので、注意してください!

今回はこれを子供と作ってみました。

マグフォーマー(車)2

実際は「お父さん、作ってー!」と子供に言われ、私がほとんど作ってしまいましたが、少し子供にも手伝ってもらいました。

2回「イラっ!」としましたが、なんとか完成(笑)。

マグフォーマー(車)3

長男君、ご満悦ー(笑)。

(小学生)追加パーツを購入して、さらに創造的な製作へ

レゴなんかと同じで、追加パーツを買えば、いくらでも新しい製作物を作ることが可能です。

しかし、価格が高いので、子供がもっと作りたいという意欲が示した時だけにしておきましょう(笑)。

スポンサーリンク

まとめ

オシャレで図形感覚が養われる知育用のおもちゃとして、「マグフォーマー」で遊ばせるのはとてもいいと思います。

創造性・空間認識能力が養われ、将来のために役立つと思います。

我が家も飽きることなく、よく引っ張り出しては遊んでいます。

少し値が張りますが、一つぐらい子供のおもちゃに合ってもいいと思いますよ。

< 以上 >

コメント

タイトルとURLをコピーしました