沈黙提督「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」提督の謎に迫る!

銀河英雄伝説
銀河英雄伝説

こんにちわ、es-nakamura(@NakamuraEs)です。

銀河英雄伝説において最も謎の多い登場人物の一人であろう「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」提督。

沈黙提督の異名を持つアイゼナッハは、物語の中でほとんど言葉を発しません。戦闘指揮の時もです!

謎の多いこの指揮官には多くの謎があります。

  • 銀河委英雄伝説に登場する帝国軍の「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」提督について、もっと詳しく知りたい!
  • ほとんど喋らない沈黙提督のアイゼナッハがどのようにして戦闘指揮をとっているのか?ほとんど喋らない沈黙提督のアイゼナッハがどのようにして戦闘指揮をとっているのか?

こんな疑問に応えるべく、本記事を書いています。

「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」提督について、詳しくなってください。

復習に利用していただくなり、他の見ていないエピソードを調べるなりして、銀英伝の世界をより深く楽しんで欲しいなと思います。

読み終わった後には「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」提督のファンの一人になっているかもしれませんね。

私ですが、小学校の時に初めて銀河英雄伝説のOVA版を見て以来、大ファンになった人間です。

現在はアマゾンプライムで時間があれば何度も見返しています。

既に5回転くらいはしているかもしれませんね(笑)。

コロナ禍でおうち時間が増えた方も多いでしょう。そんな方におススメなのが銀英伝です。なんせ長い(笑)。

銀英伝の魅力を多くの方に伝えたくて、書いてます!

※本記事は銀河英雄伝説のOVA版アニメ(石黒版)を基に書いていますので、ノイエ版・コミック・小説と齟齬がでる場合があります。

スポンサーリンク

「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」の戦歴

略歴年表

アイゼナッハ提督の略歴を年表形式でまとめています。

出来事 階級
ラインハルトが艦長として同盟領内潜入任務を行った際に補給艦艦長としてラインハルトを支援 少佐
敵の後方攪乱・増援阻止・陽動作戦・上陸支援などの地味な任務を黙々とこなす。 少佐~中将
リップシュタット戦役後にラインハルトの元帥府に登用される。 中将
ラグナロック作戦にイゼルローン要塞攻撃部隊の後詰めとして参加 大将
第二次ラグナロック作戦にて侵攻部隊の中盤を担当 上級大将
マル・アデッタ星域会戦に右翼として参加
回廊の戦いに参加
シヴァ星域会戦でビッテンフェルト艦隊のサポートとして参加
ラインハルトの死後、獅子の泉の七元帥として元帥に昇格 元帥

「獅子の泉の七元帥」については、別記事で解説しています。

特徴的な出来事

ここからは、アイゼナッハ提督の特徴的な出来事を詳しく解説していきます。

同盟領内潜入任務を行った際に補給艦艦長としてラインハルトを支援

ラインハルトとの接点と言える戦いです。

OVA版の外伝「奪還者」にて、ラインハルトが艦長として行った同盟領へ単独潜入任務を支援する補給艦の艦長という形で登場する。

敵に追撃されながら補給を受けることになったラインハルトに対し、逃げながら補給物資を放出するから受け取れと奇抜な作戦を提示して成功させている。

この時にラインハルトの知己を得ている。

当時、副官であったワーレンが「沈黙艦長」という異名をとる艦長であることをラインハルトに伝えている。

この頃から、「沈黙艦長」であったようです(笑)。

敵の後方攪乱・増援阻止・陽動作戦・上陸支援などの地味な任務を黙々とこなす。

これはwikipediaからの引用になりますが、本編に登場しない期間も、地味で人が好んでやらないような任務を淡々とこなし、任務達成率100%を誇ったそうです。

アイゼナナッハを元帥府に登用する際に、しばしば人事に異を唱えるオーベルシュタインが全面的に賛成したという逸話が残るほどの人材です。

話さないのに任務達成率100%ですよ!

マル・アデッタ星域会戦に右翼として参加

第二次ラグナロック作戦においては、堂々と侵攻部隊の中盤を担当。

同盟軍がビュコック提督を中心に意地だけで戦いを仕掛けてきたマル・アデッタ星域会戦においては右翼を担当することになる。

この時は、右翼にいたにも関わらず、後方に回り込み同盟軍に損害を与えている。

戦局を広い視野で見て、自分の果たすべき責務を柔軟に対応することが分かる。

回廊の戦いに参加

アイゼナッハの弱点ともいえる部分が見えた戦いでしたね。

ラインハルトが戦力差にものを言わせて、各艦隊の突撃作戦に出た時に大きな損害をだし、後退しています。

正面決戦においては、用兵術が他の提督よりも少し劣るということのようです。

今までサポート役に徹してきたこともあり、このあたりの経験が劣る部分があるのかもしれませんね。

シヴァ星域会戦でビッテンフェルト艦隊のサポートとして参加

回廊の戦いの時とはうってかわり、シヴァ星域会戦においては、不完全燃焼のビッテンフェルト艦隊の突撃に対し、素晴らしいサポートを行っています。

ビッテンフェルト艦隊の猛攻の邪魔をしないように布陣し、ビッテンフェルト艦隊の突撃により逃げてきた艦を撃滅するという戦法をとっています。

このアイゼナッハの艦隊布陣により、思う存分ビッテンフェルト艦隊の破壊力が発揮できる形となり、メルカッツ提督を戦死させる大きな戦果を挙げています。

スポンサーリンク

「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」の特徴

任務成功率100%

アイゼナッハ提督の最も素晴らしいポイント言えるのが、任務成功率100%という輝かしい成果です。

地味な作戦を黙々とこなす彼の良さがとても際立っています。

ラインハルトの補給をしたように、戦場にでている以上、難しい任務もあったにも関わらず、ことごとく成功させる柔軟な思考と臨機応変に対応できる手腕はアイゼナッハ提督ならではと言ったところではないでしょうか。

残念ながら、黙々とこなした任務に関しては描写がないので、分からないのですが、機会があれば外伝でして欲しいものです。

地味な任務でも黙々とこなし、サポートに徹する

誰もやりたがないような任務、適当にしてしまうような任務も黙々とこなすこの寡黙さが、アイゼナッハという人物の傑出した才能であると思います。

ラインハルト陣営の提督達は、基本的に負けず嫌いで自分を主張する人材が多いのに対して、彼は一線を画しています。

このあたりが、オーベルシュタインですら異を唱えない理由なのではないかと思います。

正面対決ではやや弱さがでる

唯一の弱点といううべきが、この正面決戦において、他の提督達に劣ってしまうという点です。

サポート任務が多かったせいか、正面決戦における艦隊運用に経験が不足しているのかもしれません。

しかし、被害を出したといっても、ヤン艦隊相手ですから、一概に劣っていると言い切れません。

適切に後退の指示を出しているし、能力の高い指揮官であることは間違いありません。

スポンサーリンク

沈黙提督としての凄さと謎

銀河英雄伝説における最大の謎「どうやってしゃべらずに戦闘指揮をしているのか?」ということに関して考えていきましょう。

身振り手振りによる作戦の伝達

ほとんど喋らない「沈黙提督」。

作戦指揮の伝達においては、副官や参謀に対して、身振り・手振りにより作戦を伝え、それを副官達が”通訳”して、艦隊全体に指示を出すという方法がとられています。

最強すぎる幕僚達

さて、上記のような方法により、艦隊指揮をとっているアイゼナッハ提督ですが、そうなると最も重要なのが、副官の存在です。

アイゼナッハ艦隊はこの副官達が優秀すぎるのです!

指揮官の身振り・手振りで作戦指揮を”翻訳”。必要に応じ、想像力を働かせて追加の指示も出す必要があります。

アイゼナッハ艦隊は彼らによってさせられているのです。

  • グリース少佐(副官)
  • グリーセンベック大将(参謀長)
  • シャウディン中将(参謀長)

彼ら、最強の幕僚陣がいなければ、アイゼナッハ艦隊は全く機能しないのだ。

個性の塊です(笑)。

スポンサーリンク

「エルンスト・フォン・アイゼナッハ」から学ぶ生き様

言葉は不要。必要なのは実力と成果

アイゼナッハ提督は多くのことを学べます。

彼は言葉をほとんど話さずに元帥になった男です。

言葉は不要。必要なのは実領と成果・実績であることを示してくれています。

私もそうですが、現代社会では「言ったもの勝ち」という風潮があり、実力がなくとも口八丁で出世してしまうような世の中です。

そんな現代社会への風刺とも受け取れるアイゼナッハ提督の存在。

言葉ではなく、「成果」で勝負していきたいと改めて思わされました。

自分の果たすべき責務を確実に淡々とこなすことでトップとなった貴重な人材

地味みんなが嫌がるような任務でも黙々とこなし、元帥までなったのがアイゼナッハという男。

「興味のない事はしたくない。」「自分の利益にならないことはしたくない。」と考える人が多い中で、彼のような生き方は、際立っています。

私もこうでありたいと思った人物です。

スポンサーリンク

まとめ

「エルンスト・フォン・アイゼナッハ提督」について、戦歴や人物像をまとめてみました。

  • 地味な任務でも黙々とこなし、元帥まで上り詰めた稀有の人材
  • ほとんど喋らず、身振り・手振りで指揮をする沈黙提督という面白い個性的な指揮官
  • アイゼナッハ艦隊はコミュニケーション能力の高すぎる最強の幕僚達によって支えられいた事実
  • 言葉ではない実力と成果によって存在価値を示す素晴らしい人物

このようなとても素晴らしい個性を持った提督でした。

私もアイゼナッハ提督から人生観を学んだと言っていいと思います。

みなさんももう一度、アイゼナッハ提督の活躍を見て、自分を奮い立たせてくださいね!

※そんなアイゼナッハ提督の活躍をリメイク版でさらに堪能することもできます。少し描写の違う銀英伝も見てみてくださいね!

●銀河英雄伝説のリメイク版を解説した記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました