鉄壁ミュラーの異名を持つ「ナイトハルト・ミュラー」提督の高い防御力

銀河英雄伝説
銀河英雄伝説

こんにちわ、es-nakamura(@NakamuraEs)です。

銀河英雄伝説において”鉄壁ミュラー”の異名を持つ「ナイトハルト・ミュラー」提督。

守勢に強く後衛でラインハルトの背中をしっかりと守ることが多く、ラインハルトからの信頼も厚い若き指揮官です。

同盟軍と接点が多く、帝国との懸け橋となるような存在であり、ヤン・ウェンリーやユリアン・ミンツもミュラーのことを信頼していた。

そんな「ナイトハルト・ミュラー」について、本記事では書いていこうと思います。

  • 銀河委英雄伝説(銀英伝)に登場する帝国軍の「ナイトハルト・ミュラー」提督について、もっと詳しく知りたい!
  • 「鉄壁ミュラー」の異名を持つミュラーであるが、その防御力の高さの秘訣は何か?

こんな疑問に応えたいと思います。

鉄壁ミュラーの強さを知り、「ナイトハルト・ミュラー」提督について、詳しくなってください。

復習に利用していただくなり、他の見ていないエピソードを調べるなりして、銀英伝の世界をより深く楽しんで欲しいなと思います。

読み終わった後には「ナイトハルト・ミュラー」提督のファンの一人になっているかもしれませんね。

私ですが、小学校の時に初めて銀河英雄伝説のOVA版を見て以来、大ファンになった人間です。

現在はアマゾンプライムで時間があれば何度も見返しています。

既に5回転くらいはしているかもしれませんね(笑)。

コロナ禍でおうち時間が増えた方も多いでしょう。そんな方におススメなのが銀英伝です。なんせ長い(笑)。

銀英伝の魅力を多くの方に伝えたくて、書いてます!

※本記事は銀河英雄伝説のOVA版アニメ(石黒版)を基に書いていますので、ノイエ版・コミック・小説と齟齬がでる場合があります。

スポンサーリンク

「ナイトハルト・ミュラー」の戦歴

ミュラーの略歴

ミュラー提督の略歴を年表形式でまとめています。

出来事 階級
ラインハルトが同盟領内潜入任務を行った際にフェザーン駐在武官としてラインハルトを支援 中尉
リップシュタット戦役前にラインハルトの元帥府に登用される 中将
第8次イゼルローン要塞攻略戦において、副司令官として参戦(同盟軍に大敗) 大将
ラグナロック作戦の第二陣を担当
バーミリオン星域会戦において唯一ラインハルトの援護に駆け付ける
第二次ラグナロック作戦においては再後衛で出陣 上級大将
マルアデッタ星域会戦で後衛を担当
回廊の戦いにおいても後衛を担当
シヴァ星域会戦にも参戦
ラインハルトの死後、獅子の泉の七元帥として元帥に昇格 元帥

※「獅子の泉の七元帥」については、別記事で解説しています。

ミュラーの特徴的な戦い

ラインハルトの同盟領内潜入任務の際にフェザーン駐在武官としてラインハルトを支援

ラインハルトとの接点と言える戦いです。

OVA版の外伝「奪還者」にて、ラインハルトが艦長として行った同盟領へ単独潜入任務をフェザーン駐在武官として、情報面から協力に支援します。

期待以上の情報提供してくれたとラインハルトの知己を得ている。

登場シーンはなく、名前だけですが、この時から良い働きをしていたようですね!

第8次イゼルローン要塞攻略戦において、副司令官として参戦

第8次イゼルローン要塞攻略戦。

ガイエスブルグ要塞にエンジンを取り付け、移動要塞として、イゼルローン要塞と対決させた「要塞対要塞」の戦いですね。

ケンプ提督を司令官とし、ミュラー提督は副司令官として参加しています。

ケンプ司令官戦死、ガイエスブルグ要塞は破壊、艦隊は9割を失うという大敗を喫しています。

この戦いにおいてはフェザーンの陰謀でヤンが要塞にいないという状況であったが、捕虜の証言からヤンが要塞にいないことを推測をして、救援を叩くという作戦を立てたが、ケンプに止められている。

また敗残兵を負傷しながらも率いて帰還するなど、一定の功績を立てている。

バーミリオン星域会戦において唯一ラインハルトの援護に駆け付ける

“鉄壁ミュラー”の異名をとった戦いですね。

バーミリオン星域会戦において、ヤンとラインハルトが同じ戦力で激突するという一番盛り上がった戦いです。

ラインハルト陣営の艦隊は、ヤンをおびき寄せる罠として同盟領の各星系を鎮圧するために散らばっていた。

そんな中、いち早く担当星域を制圧して戻ってきたのがミュラー艦隊であった。

ラインハルトのピンチにギリギリで駆け付け、突入し、ラインハルトのピンチを救っている。

その際にヤンの計略にはまり、何度もピンチになり、旗艦を3回も変更しながらも戦い続けたミュラーは鉄壁ミュラーという異名をとることになる。

この功績により、以後ラインハルトからの信頼も厚く、上級大将の首座という地位を手に入れることになる。

マル・アデッタ星域会戦で後衛を担当

ラインハルトが皇帝となって以後は、ひたすらカイザー・ラインハルトの背中を守ることに徹している。

常に後衛を担当している。

マル・アデッタ星域会戦も同様に後衛を担当していおり、同盟軍のビュコック・モートンに本営を衝かれかけた時に堂々と立ちふさがった。

しかし、本陣に強襲を受けたことに焦り、味方の3割もラインハルトの護衛に回したことで、同盟軍に突破されてしまう。

回廊の戦いにおいても後衛を担当

回廊の戦においても、カイザー・ラインハルトを守るポジショニングをしており、ヤンが突撃を試みるもアレは鉄壁ミュラーの艦隊だから、突破できないと引かせている。

ヤンからも良将として敬意を持たれている。

スポンサーリンク

「ナイトハルト・ミュラー」の鉄壁さ

布陣の装甲が厚い

ミュラー艦隊は艦隊編成そのものが守勢に長けたものとなっており、装甲の厚い艦が多いようである。

角度を変えてビームをよける訓練をしている

コミック版(藤崎版)でミュラーの鉄壁振りの描写が細かく描かれているシーンがあります。

その中で、ミュラー艦隊は日頃から、敵の主砲に対して角度をつけて受けることで、シールドを最大限に生かし、撃沈を防いでいることが伺えます。

このような訓練を日頃からこなすことで、敵の攻撃に対しても各艦がなかなか撃沈せず、粘り強く戦うことで、防御に強い艦隊が生まれているようです。

勇気

もう一つの鉄壁さのポイントは、司令官であるミュラーの勇気です。

仲間を守るためなら、自分の艦隊を犠牲にしても守るというその勇気がこの艦隊の強さに繋がっているようです。

必ず守るという意思が艦隊全体に伝わっているようですね。

ビッテンフェルト艦隊とは真逆ではありますが、これも司令官の色というものでしょう。

ミュラーの旗艦の変遷

バーミリオン星域会戦で3度も旗艦を変えて、指揮を執り続けたミュラーですが、その期間の変遷を見てきましょう。

バーミリオン星域会戦の功績により、ラインハルトの旗艦「ブリュンヒルト」の後継艦である白い戦艦「パーチイバル」を下賜されています。

この白い旗艦はとてもカッコよかったです。

  • リューベルク(もともとの旗艦)
  • ノイシュタット(バーミリオン星域会戦で旗艦撃沈により座乗)
  • オッフェンブルフ(バーミリオン星域会戦で旗艦撃沈により座乗)
  • ヘルテン(バーミリオン星域会戦で旗艦撃沈により座乗)
  • パーチイバル(バーミリオン星域会戦の功績により下賜された白い旗艦)
スポンサーリンク

「ナイトハルト・ミュラー」の人間的魅力

同盟軍との懸け橋(ヤン・ユリアンにも信頼される人物)

ミュラーのその人間性の良さから、ヤンやユリアンからも信頼されたいる指揮官。

バーミリオン星域会戦終了後にラインハルトと会見するヤンを出迎えたのがきっかけにより、同盟軍との懸け橋的な存在になっています。

ヤン暗殺後の葬儀への参加や後継者であるユリアンとも会談をしています。

不死身

第8次イゼルローン要塞の時、ガイエスブルグ要塞の破壊の爆風で負傷した際に、軍医から「閣下は不死身ですな。」と言われています。

負傷しながらも旗艦する艦隊の指揮をとり、頭から血を流しながら、ラインハルトに敗北の報告に行った不屈の人です。

ラインハルトへの報告を終えると倒れてしまいました。

ラインハルト陣営の中で最も若い提督(ミュラーの年齢=26歳:本編登場時)

ラインハルト陣営の指揮官の中では最年少でありながら、上級大将の首座になっている人です。

本編登場時は26歳。

それでもラインハルトよりも6歳年上です(笑)。

スポンサーリンク

「ナイトハルト・ミュラー」 ノイエ版との違い

キャラクターの違い

実はノイエ版のミュラーを私はまだ見ていないので何ともいえませぬ。

ミュラーの声優

銀河英雄伝説(石黒版)では「水島裕」氏が担当しています。

調べるとジャッキー・チェンの映画の吹替役として、「サモハン・キンポ―」を担当していたようで、道理でどこかで聞いたことがあると思っていました(笑)。

私の世代ではなじみのある声優さんでした。

銀河英雄伝説(ノイエ版)では「上村祐翔」氏が担当しています。

スポンサーリンク

「ナイトハルト・ミュラー」から学ぶ生き様

防御に特化した個性を最大限に極めた人物

ビッテンフェルト提督とは反対に防御・守勢に特化した個性を突き詰めた司令官と言える。

自分が大切であると思うこと、得意なことを最大限に生かすことで帝国軍で貢献しているあたり、学ぶべきところが多くある。

私自身も自分の個性を大切にして、周囲から何を言われようが極めていきたいと感じさせられた人物である。

主君への圧倒的な献身さ

ラインハルト陣営の中の指揮官の中でも際立って主君への献身さに厚い人物であり、実際に何度もラインハルトを守り続けている。

ラインハルトが尽くす価値のある人物であることがベースにあるとしても、ミュラーの献身さは本人の性格と思える。

このような美点があることを羨ましく思う。

単純に良い奴

同盟軍の将兵からも信頼されているように、敵味方分け隔てなく信頼される人間性は素晴らしい点であると思う。

ミュラーはいい奴です。

ミュラーの名言

「ナイトハルト・ミュラー」の残した私に刺さった名言を少しピックアップしておきましょう。

ガイエスブルグ要塞の爆発に巻き込まれた負傷した際に、軍医が「閣下は不死身ですな。」と話した時にいったセリフ。

  • 「いい言葉だ。墓石に刻んでもらおう。」

こんな状況下でもユーモアを忘れない精神が私は大好きです(笑)。

スポンサーリンク

まとめ

銀河英雄伝説(銀英伝)に登場する帝国軍の司令官「ナイトハルト・ミュラー」について、その戦歴や人物像をまとめてみました。

ラインハルト陣営の中では最年少の指揮官でありながら、防御・守勢に強い勇気ある指揮官として、ラインハルトのピンチを救い、上り詰めた人です。

彼のような勇気と献身さを私も持ちたいなと思う魅力的な人物でした。

※「ナイトハルト・ミュラー」の活躍をリメイク版銀英伝でも見ることができます。ぜひそちらも参考にしてください!

< 以上 >

コメント

タイトルとURLをコピーしました